test

広島県江田島市で、乗り放題タクシーと海上タクシーの連携実証始まる

2021年2月2日
営業部:鈴木 克範

2021年2月2日(火)配信

 電脳交通(徳島県徳島市、近藤洋祐社長)、ピージーシステム(山口県宇部市、桑原孝明社長)、scheme verge(東京都文京区、嶂南達貴社長)の3社は、広島県が推進する「ひろしまサンドボックス」採択事業「海の共創基盤」〜せとうちマリンプロムナード〜の一環として、江田島市の協力のもと、乗り放題タクシーと海上タクシーとを組み合わせた、新しい移動サービスの実証実験を2021年2月1日(月)から開始した。

 広島県南部に位置する広島湾は、世界遺産を有する広島市や宮島などの世界的に著名な観光エリアと、自然豊かな江田島などを含み、例年多くの観光客が訪れている。しかし、宮島から江田島への定期航路がないなど、広島湾エリアを周遊することが難しいほか、高齢化が進む中で地域公共交通を維持することの課題も指摘されている。

 なかでも江田島市は鉄道が通っておらず、全国平均からみても高齢化の進む地域だ。地理的には広島市内や宮島などと近い反面、近年島しょ部では人口減少を背景に定期航路の廃止も相次ぐなか、島民の移動や観光客の訪問に支障をきたしていた。

 こうした背景を踏まえ、宮島や江田島などの広島湾島しょ部を周遊する海事観光の促進と、人口減少を背景に既存交通インフラが廃止されていく地域における新しい交通サービス確立を目指して、広島湾域の海上タクシーと江田島市内のタクシーとを組み合わせた観光MaaSの実証実験を行う。対面でのコミュニケーションを不要とする事前チケット受け取りやキャッシュレス決済にも対応し、アフターコロナ時代の新しい観光や移動のあり方を検証する。

 また、ユーザーの利用データと事業者の業務データをもとに、エリア全体の需要と供給の最適化を行うシステムを導入し、最低限のオペレーションで最大限の収益を上げられるデータ駆動型エリアマネジメントの実現を目指ざす。

 今回は2月14日(日)までの期間、事前登録者を対象に、広島湾域にてオンライン予約が可能な海上タクシーを運航するほか、江田島市において期間限定で「タクシー乗り放題サービス」を提供する。

 MaaSアプリ「horai」によって広島湾域の観光スポットを閲覧し、選択したスポットを周遊する旅程を立案することもできる。また、旅程に含まれる海上タクシー・乗り放題タクシーの決済も可能だ。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---