test

茨城のグランドキャニオン! SNSで話題 日本最大級の採石場「石切山脈 プレミアムツアー」がスタート

2020年11月10日
営業部:鈴木 克範

2020年11月10日(火)配信

 日本橋や東京駅をはじめ全国有数の建造物に使用されている最高級石材「稲田白御影石(以下、稲田石)」の採石を行っている想石(川畑真彦社長、茨城県笠間市)は、日本最大の採掘現場となる「石切山脈(いしきりさんみゃく)」の魅力をより多く人に伝えようと、新たに観光事業会社を設立。11月14日(土)から迫力満点の採掘現場を専用ガイドと車でめぐる「プレミアムツアー」を開始する。

 茨城県笠間市の「石切山脈」と呼ばれる山地一帯は、東西約10キロ、南北約5キロ、地下1.5キロに及ぶ岩石帯で、1899(明治32)年から100年以上続く「稲田石」の日本最大級の採掘現場だ。ここから採掘される「稲田石」は、約6千万年前に海底深くで長い時間をかけ冷えて固まった花崗岩の一種で、世界でも類を見ない白さから別名「白い貴婦人」とも呼ばれている。美しい光沢と優れた耐久性を兼ね備えていることから、日本橋や東京駅、国会議事堂、最高裁判所など、全国有数の歴史的建造物に使用されてきた。現在は、想石が稲田石の採石、加工、施工を一貫して行っている。

 100年以上続く採掘により作られた、壮大な石屏風のように切り立つ岩盤と、採石場跡に雨水が溜まってできたというエメラルドの巨大湖は“地図にない湖”としてSNSで話題となり、近年では茨城の隠れた絶景スポットとして注目されている。有名アーティストのミュージックビデオの撮影や特撮番組、映画の舞台にもなり、昨年は2万人以上が見学した。

 新たにスタートする「プレミアムツアー」(大人1000円、中学生以下500円、要予約)は、魅力あふれる「石切山脈」を専用ガイドが車で案内する約1時間のコース。採石場の悪路を駆け上り、一般では見られない大迫力の採掘現場を見学するほか、運が良ければダイナマイトで岩盤を爆破する発破シーンに遭遇することも。一般入場料(大人300円、中学生以下無料)のみでも、SNSスポットとして話題の採石場跡と“地図にない湖”の見学可能だ。稲田石とグラフィックデザイナーのコラボイベント「いなだストーンエキシビジョン」で展示されたアート作品も見られる。

 ツアー企画に合わせて、カフェ「U-A Cafeモンブラン」も新設した。稲田石を使った石畳の上で「石切山脈」の絶景を眺めながら、笠間名産の栗をぜいたくに使用したモンブランや特注の石臼で挽いたコーヒーを味わうことができる。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---