test

イーグルバス、国内初の電気ボンネットバスの運行を開始

2020年6月24日
営業部:後藤 文昭

2020年6月24日(水) 配信

2色の電気ボンネットバス

 イーグルバス(谷島賢社長、埼玉県川越市)は6月19日(水)、国内初の電気ボンネットバスの運行を始めた。

 川越市の観光地をめぐる観光路線バス「小江戸巡回バス」として使用する。排気ガスが出ず、音も静かな電気バスを導入することで、国際観光都市を目指す川越にふさわしい環境づくりを目指す。

 導入車両は、中国の電気バスをベースに、日本で改造した同社のオリジナルモデル。既存ボンネットバスと同様に、蔵の街並みに合うデザインを採用した。既存車両より車体を一回り大きくすることで、車内空間を拡充。乗車定員を増やすとともに、バリアフリーにも対応しており、電動リフトを装備することで車イスによる乗降を可能にした。利用者からの要望が多かったパスモ(交通系ICカード)も導入している。

バス車内

 川越の観光テーマの1つである、「夜の観光」も盛り上げる。
 車体は、ライトアップするができ、バス走行時に周辺を青いライトで照らすことで、川越の街を緒的に彩る。さらに、「川越氷川神社 良縁祈願祭」などのイベント時には、出入口フロア上にライトでイベントマークを照射。デザインは、4種類用意した。

夜の電気ボンネットバス

 もともと電気ボンネットバスバスは、「小江戸川越春まつり」が開かれる3月28日からの運行を予定していた。しかし、新型コロナウイルス感染症の流行によりイベントが中止となり、延期されていた。

 谷島社長は、「都道府県をまたいだ移動の自粛要請が解除されるのに合わせ、運行日を決定した。川越に観光客が戻る一助になれば」と力を込める。

 また、アフターコロナの川越の観光に関し、行政と川越市内の事業者が連携して行う「こえよう川越」プロモーションの実施に向けて動いていることも紹介。「市民に勇気を与え、観光客には『川越は安心な場所だから来てください』とPRすることが目的。そのために、今出されている業種別ガイドラインを遵守し、安心安全な地域をつくり、新型コロナウイルスの収束後には、より国際観光都市に近づけられるよう頑張りたい。今回のバスの導入は、その一環」と説明した。

 17日には、川越市役所で関係者を招いてのお披露目会が行われた。バス試乗後川合善明川越市長は、「川越の古い街並みに合うバスなので、多くの観光客にお越しいただければ」と期待感を語った。

川合善明川越市(左)、谷島賢社長

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇り

    曇り

    最高気温20℃

    最低気温16℃

  • 秋田(秋田県)

    雨

    最高気温25℃

    最低気温22℃

  • 金沢(石川県)

    雨

    最高気温28℃

    最低気温25℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温28℃

    最低気温24℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温27℃

    最低気温20℃

  • 神戸(兵庫県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温28℃

    最低気温25℃

  • 松江(島根県)

    雨

    最高気温27℃

    最低気温24℃

  • 室戸岬(高知県)

    雨

    最高気温26℃

    最低気温23℃

  • 高千穂(宮崎県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温28℃

    最低気温23℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温34℃

    最低気温29℃