test

秩父鉄道×COEDOビール コラボビールをSL車内で先行販売

2019年8月9日
編集部:長谷川 貴人

2019年8月9日(金)配信

ビールイメージ(ラベル・びん)

 秩父鉄道(大谷隆男社長、埼玉県熊谷市)と協同商事コエドブルワリー(朝霧重治社長、埼玉県川越市)は、秩父鉄道創立120周年を記念した特別仕様のビール「秩父鉄道創立120周年記念アニバーサリーエール」を2019年8月24日(土)に先行販売、25日(日)から通常販売する。

 先行販売日となる24日(土)に「秩父鉄道×COEDOビール SLアニバーサリーパブトレイン」を運転し、SL車内でオリジナルビールを売り出す。イベント実施区間は同鉄道の熊谷駅―三峰口駅間。

「秩父鉄道創立120周年アニバーサリーエール」詳細

1)販売箇所

 <先行販売>8月24日(土) SL車内:熊谷駅-三峰口駅間

 <通常販売>8月25日(日)~SL車内販売、ちちてつ長瀞駅売店、セブンイレブン熊谷駅南口店

 ※売切れ次第終了

2)商品概要

ビアスタイル:鉄道発祥の国である英国伝統のイングリッシュ・ペールエール

 ゴールドからカッパーの範囲の色合いを持ち、香り高くコクのある英国伝統のペールエールに、少しだけアレンジを加えた未来志向の秩父鉄道スタイルのペールエール。

内容量:630㍉㍑(大びん)

発売価格:850円(税別)

製造者:株式会社協同商事 コエドブルワリー

アルコール度数:5%

原材料:麦芽・ホップ

JANコード:4515445800758

「秩父鉄道×COEDOビール SLアニバーサリーパブトレイン」詳細

 「秩父鉄道創立120周年アニバーサリーエール」の誕生に合わせて、先行販売としてSL車内イベントで販売を実施する。

運行日:2019年8月24日(土)

イベント実施区間:SL車内(熊谷駅―三峰口駅間)

イベント実施内容:

・アニバーサリーエールの販売(びん売り)

・ビールに合うおつまみの販売

・特別ヘッドマーク掲出、特別乗車記念証プレゼント

※各種なくなり次第終了

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 秋田(秋田県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 金沢(石川県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 神戸(兵庫県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 松江(島根県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 室戸岬(高知県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 高千穂(宮崎県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 石垣島(沖縄県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温---

    最低気温---