test

青森県弘前市で伝統工芸「こぎん刺し」の 展示会 1月11-21日に

2019年1月9日
営業部:鈴木 克範

2019年1月9日(水) 配信

日本三大刺し子のひとつ「こぎん刺し」

青森県弘前市で、2019年1月11日(金)から21日(月)まで、藤田記念庭園クラフト展・佐藤陽子監修「こぎん 冬の陣part2 ~高橋寛子氏とともに~」が開かれる。

 日本三大刺し子のひとつ「こぎん刺し」は、江戸時代に木綿の着用を許されなかった農民が、自家栽培の麻の着物に布の補強と保温のために刺し子を施したのが始まりと言われている。緻密な幾何学模様へと発展し、その技術は、多くの先人たちによって伝えられてきた。

 本クラフト展では、県伝統工芸士・故高橋寛子さんに師事した佐藤陽子さんが監修を行い、高橋さんの遺品から起こした図案や、未公開の作品を展示。こぎん刺しを体験できるワークショップも開催する。

高橋 寛子(たかはし ひろこ)

 弘前市生まれ。15歳の時に木村産業研究所(現弘前こぎん研究所)に入りこぎんを制作。こぎん刺し再興を刺し手として支え、県伝統工芸士に認定。

佐藤 陽子(さとう ようこ)

 旧岩木町(現弘前市)生まれ。故前田セツさん、高橋寛子さんらに師事し、こぎん刺しを習う。2010年7月「佐藤陽子こぎん展示館」をオープン。

クラフト展概要

開催日時:2019年1月11日(金)~21日(月) 午前10:00-午後4:00
開催場所:藤田記念庭園 考古館2階
所在地 :青森県弘前市大字上白銀町8-1
入場料 :無料
主催  :藤田記念庭園利活用事業実行委員会

<ワークショップ>
日時 :2019年1月11日(金)~21日(月)
時間 :午前10:00-午後5:00
参加料:500円~
    ※参加希望者は、会場で申し込み。
    ※事前申込不要
内容 :しおりやコースターなど、簡単なこぎん刺し体験ができる。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温13℃

    最低気温5℃

  • 秋田(秋田県)

    曇り

    曇り

    最高気温19℃

    最低気温10℃

  • 金沢(石川県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温20℃

    最低気温10℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温23℃

    最低気温20℃

  • 河口湖(山梨県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温18℃

    最低気温10℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温21℃

    最低気温14℃

  • 松江(島根県)

    晴のち雨

    晴のち雨

    最高気温20℃

    最低気温9℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温19℃

    最低気温16℃

  • 高千穂(宮崎県)

    雨

    最高気温17℃

    最低気温12℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温28℃

    最低気温23℃