test

インバウンド対策にセルフレジの導入を (ビジコム)

2018年6月7日
編集部:謝 谷楓

2018年6月7日(木) 配信

セルフレジで、インバウンド対策を。アリペイやWeChat Pay、ビットコインにも対応(写真はイメージ)

今年、訪日外国人旅行者(インバウンド)数はすでに1千万人を超えた。3千万人を上回ることが確実視されるなか、直接接点を持つ事業者(ホテル・旅館や土産物屋など)にとって受入体制の整備は必須だ。SNS(交流サイト)の発達によって、海外現地での口コミ効果も絶大。行き過ぎたホスピタリティは不要だが、今後のリピーター獲得を考えると、スムーズな接客対応は欠かせない。会計時の手間を省くセルフレジの導入も、体制整備の一要素といえる。

 POSシステムの開発に携わるビジコム(中馬浩代表、東京都文京区)はこのほど、POSシステムを搭載したタッチパネル式のキャッシュレジスター(Seav-15aセット)を売り出した。自動で釣り銭を受け取れる機器(自動釣銭機)が付くため、ユーザー1人で支払いを済ませることが可能。商品の販売処理は店舗スタッフが負担する必要があるため、セミセルフのレジスターという位置づけだ。

 注目は、Alipay(アリペイ・支付宝)やWeChat Payといった中国で普及する決済手段に対応している点だ。日本政府観光局(JNTO)によると、4月までの中国本土(香港を含まない)からのインバウンド数は260万人で、全体の4分の1を占める規模だ。爆買いは終息したといわれるものの、団体客の対応時にはどうしてもレジ前が混んでしまうもの。タッチパネル式で直感的な操作ができることから、同製品の導入によって大幅な時間削減を期待できる。

 導入すれば、会話をできるだけ省けられる。思いがけない接客トラブルを避けることができるのだ。大きなメリットといえよう。また、ほとんどの作業をユーザーに任せ、スタッフは疑問点にのみ答えれば、店舗にとっては人件費削減・生産性向上につながる。

 現時点では多言語未対応だが、ディスプレイに数回触れるだけで支払いを済ませられる簡単さで、「不便さを感じることはあまりない」(同社広報代理店)という。話題のビットコイン決済にも対応済み。

 一般のPOSレジと同様の仕組みとなるため、決済後に免税手続きを行うこともできる。同社が販売する免税書類作成システム(あっと免税)と組み合わせれば、さらなる時間短縮も可能だ。

 同社広報代理店に問い合わせたところ、すでに大手シティホテルチェーンやリゾートホテルで導入・活用されているとのこと。ドラッグストアやアパレル、土産物施設との相性も良い。キャッシュレジスター本体とタッチパネルパソコン、バーコードリーダー、カスタマディスプレイ(7インチ)、自動釣銭機(グローリー社製)の5点セットで、税抜価格は988,000円。9月までに導入すれば、「10インチ背面ディスプレイ」と「卓上スマホリーダー」を無償で提供する。詳細・問い合わせは下記まで。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 秋田(秋田県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 金沢(石川県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 神戸(兵庫県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 松江(島根県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 室戸岬(高知県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 高千穂(宮崎県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 石垣島(沖縄県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---