test

“科学する心”を持って夢に挑戦する人々を応援 7月6日、浜松科学館「みらいーら」がリニューアルオープン

2019年6月12日
営業部:後藤 文昭

2019年6月12日(水) 配信

「みらいーらステージ」(イメージ〉

 浜松科学館(静岡県浜松市)が7月6日(土)、館内・展示コンテンツを一新し浜松科学館「みらいーら」としてリニューアルオープンする。新たな施設コンセプトは、“自ら考え、対話し、行動する、「科学×挑戦」の活動基地”。同館を“科学する心”を持って夢に挑戦する人々を応援する「サイエンス・ベースキャンプ ~未来創造の拠点基地~」と位置づける。来館者は、人工知能(AI)による対話機能を備えたアプリ「コンパス君」を活用することで、展示物について解説を聞いたり、質問したりすることができる。

 展示コーナーは、多様な生態系をもつ浜松の豊かな「自然」について学べるゾーンと、地域産業とも関連の深い「音」「光」「力」「宇宙」を解説するゾーン、静岡大学や地元企業の研究開発が分かる「新技術」ゾーンの6つを設け、子供から大人まで楽しめる内容とした。館内プラネタリウムは、最新の音響映像設備を導入するなど内装を一新。臨場感あふれる星空体験、宇宙体験を提供する。当日のリアルな星空をもとに“星空解説員”がライブ解説するスタイルで、来館者とのコミュニケーションをはかりながら、体感する学びの場をつくりだす。また、4K解像度に対応したドームシアターを活用し、没入感のある映像番組も上映。中2階にある「みらいーらステージ」では、楽しみながら科学の原理などを理解できるサイエンスショーを毎日実施する。

 無料ゾーンには「食を科学する」がコンセプトのカフェ「SOW」やミュージアムショップを配し、施設屋外にあるサイエンスパークには屋外遊具や芝生広場、農園、テラスを新たに設置した。サイエンスパークでは夜になると、2014年にノーベル物理学賞を受賞し、同館の名誉館長を務める天野浩氏が開発した青色LEDで通路を照らす「天のリバー」が出現する。

 また観察・実験・工作を行える2つのラボ「ものづくりラボ・サイエンスラボ」は、参加型ワークショップを充実させ、観察や実験、工作などのプログラムを展開する。

浜松科学館「みらいーら」 概要

入場料

常設展入場料(通常料金):

大人600円、中人(高校生)300円、小人(中学生以下)無料

常設展入場料+プラネタリウム1回分観覧料(大型映像1回分観覧料):

大人1100円、中人(高校生)550円、小人(中学生以下)無料

観覧時間:午前9:30~午後5:00

※7月20日~9月1日は、午前9:30~午後6:00

休館日:毎週月曜日、年末年始(12月30日~1月2日)ほか

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温21℃

    最低気温13℃

  • 秋田(秋田県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温25℃

    最低気温16℃

  • 金沢(石川県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温29℃

    最低気温19℃

  • 八丈島(東京都)

    曇り

    曇り

    最高気温26℃

    最低気温21℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温26℃

    最低気温13℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温27℃

    最低気温22℃

  • 松江(島根県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温29℃

    最低気温18℃

  • 室戸岬(高知県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温25℃

    最低気温20℃

  • 高千穂(宮崎県)

    雨

    最高気温26℃

    最低気温18℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温31℃

    最低気温26℃