test

セブンカルチャーネットワーク 「チリ皆既月食観測+アルマ望遠鏡見学ツアー」を売り出す

2019年4月24日
編集部:木下 裕斗

2019年4月24日(水) 配信

2017年の皆既日食

 セブンカルチャーネットワーク(荻原秀之、東京都千代田区)はこのほど、「チリ皆既月食+アタカマ砂漠 アルマ望遠鏡 山頂施設特別見学10日間ツアー」を売り出した。

 同ツアーは2019年7月の皆既月食をチリで観測し、ブラックホールの撮影に初めて成功し、一般公開されていない「アルマ望遠鏡」の山頂施設見学をするもの。加えて、世界で最も乾燥したアタカマ砂漠で南の星空を観賞する。天文雑誌「星ナビ」などを出版するアストロアーツとともに企画したもので、「セブン旅倶楽部」のウェブサイトで売り出ししている。

皆既月食の観測地

 同社は複数の候補地の下見を実施し、チリ・ビクーニヤ近郊のレストランを今回の観測場所として選んだ。ビクーニャは、レストランで調理にソーラーオーブンを使うほど太陽に恵まれた地域で、北西方向に下ったゆるい傾斜面で観測する予定だ。「レストランはトイレや休憩場所として利用可能なので、安心・安全に観測できる」(同社)と説明する。ラ・セレナの宿泊ホテルから観測場所までの移動はバスで1時間ほど。

アルマ望遠鏡の概要

 ブラックホールの撮影に初めて成功した施設で、標高5千㍍の場所にある。ツアーでは、一般公開されていない、アルマ望遠鏡の山頂施設を見学する。なお、見学前に現地で、健康状態をチェックする。

ツアー概要

旅行期間:6月29日(土)~7月8日(月)10日間

旅行代金:84万8千円 ※1部屋追加代金9万8千円

発着地:東京(成田空港)

利用予定航空会社:日本航空・ラタム航空(エコノミークラス)

利用ホテル:HOSPTAL VALLE MISTRAL(ラ・セレナ)、HOTEL PROVIDENCIA(サンチャゴ)、HOTEL SAN PEDRO(サンペドロ・デ・アタカマ)

食事:朝6回、昼5回、夕6回(機内食は除く)

添乗員:同行する

募集人員:30人(最少催行人員20人)※催行決定

ツアーの行程

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温24℃

    最低気温16℃

  • 秋田(秋田県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温31℃

    最低気温21℃

  • 金沢(石川県)

    曇り

    曇り

    最高気温33℃

    最低気温25℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温29℃

    最低気温24℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇り

    曇り

    最高気温27℃

    最低気温19℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇り

    曇り

    最高気温31℃

    最低気温25℃

  • 松江(島根県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温29℃

    最低気温26℃

  • 室戸岬(高知県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温27℃

    最低気温23℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温28℃

    最低気温23℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温31℃

    最低気温28℃