test

「古窯曼陀羅」日本の宿古窯2代目女将 佐藤洋詩恵さんの一代記

2018年7月9日
編集部:増田 剛

2018年7月9日(月)配信 

「古窯曼陀羅」(深夜叢書社、本体1800円+税)

山形県・かみのやま温泉「日本の宿 古窯」2代目女将の佐藤洋詩恵さんはこのほど、「古窯曼陀羅」(深夜叢書社、本体1800円+税)を著した。

   山形の温泉旅館に嫁いて8年が経っても一向に馴染めない環境のなか、ある朝、佐藤さんは突然声が出なくなり、日々言い知れぬ恐怖と絶望感の中にいた。声が戻った瞬間、大いなるものに生かされていることに気づき、「私に与えられた宿の女将の業を、私らしく全うしてゆこうと思った」。1985年6月1日、佐藤さんは「古窯かわら版」第1号を発行。以来33年間、「誇りに思う郷土・山形の風土、風味、風景の3つの風をお伝えしたい」との想いから旅館女将として、その時々に感じた気持ちを毎月継続して伝えている。佐藤さんの想いがようやく1冊の本にまとめられた。

   波乱万丈な人生にあって、いつも前向きに、一生懸命な生き方を背中で教えてくれた実母。旅館女将の良きお手本、師として心から尊敬する義母(初代女将・佐藤幸子氏)。そして自らの生い立ちや、結婚、2児の母として生きていく心の声を書き記した佐藤さんの〝一代記″となっている。

 作家の瀬戸内寂聴氏は、佐藤さんが14歳から憧れ続ける存在。その瀬戸内氏から「あなた、本を出しなさい」と勧められた。帯文では「思うことがすべて即、文章になる天然の才により書きつづられた日々の想いは他人が覗いても幸せになる」と佐藤さんの才能を称賛している。

 山形の四季折々の美しさや心情を切り取った佐藤さんの俳句、短歌、詩も掲載。「良縁感謝」では、さまざまな恩師との出逢いも感謝とともに記している。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温21℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温26℃

    最低気温13℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温26℃

    最低気温17℃

  • 八丈島(東京都)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温28℃

    最低気温22℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温19℃

    最低気温14℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温23℃

    最低気温20℃

  • 松江(島根県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温25℃

    最低気温20℃

  • 室戸岬(高知県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温25℃

    最低気温20℃

  • 高千穂(宮崎県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温26℃

    最低気温20℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温32℃

    最低気温27℃