test

京都・五花街の芸舞妓80人集う「都の賑わい」開催

2018年2月5日
営業部:鈴木 克範

2018年2月5日(月) 配信

昨年の公演

京都五花街(ごかがい・祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東)の芸妓・舞妓約80人が一応に集う京都五花街合同公演「都の賑い」が2018年6月16日(土)、17日(日)の2日間、京都市内で開かれる。

 平安遷都1200年を記念して始まった公演は、今年で25回目を迎え、今では京都の夏の風物詩として親しまれている。とくにステージの終盤を飾る「舞妓の賑い」は、各花街から4人ずつ、5花街あわせて20人の舞妓が各流派で舞うという、この公演ならではの豪華な舞台だ。

 今回は25回の節目を記念して、来場者に日本画家・上村淳之氏が描く扇子をプレゼントする。

 講演終了後には、料亭やホテルなどで、芸舞妓(げいまいこ)との歓談が楽しめる「五花街の夕べ」も開催する。

京都五花街合同公演「都の賑い」概要

昨年の公演(2)

日時:2018年6月16日(土)、17日(日) 午後2:00から(1日1回)

会場:ロームシアター京都 メインホール

   京都市左京区岡崎最勝寺町13

入場料金

   1等席(1階全席)    1万3千円

   2等席(2階全席)     8千円

   3階A席(正面前列)    5千円

        3階B席(正面後列)  3千円

         3階C席(両サイド)     2千円

チケット販売:3月26日(月)から

   おおきに財団、チケットぴあ、ローソンなどで取り扱い。

演目(出演順)

    歌舞会名                            演目

              上七軒歌舞会        長唄「寿三番叟」

              先斗町歌舞会        常磐津「粟餅」

              祇園甲部歌舞会     東明節「七福神」

              宮川町歌舞会     常磐津「廓八景」

              祇園東歌舞会        長唄「二人猩々」

              舞妓の賑い           京を慕いて

              フィナーレ           祇園小唄

主催:おおきに財団(京都伝統伎芸振興財団)、京都花街組合連合会

「五花街の夕べ」概要

日時:2018年6月16日(土)、17日(日) 午後6:30~同8:30

会場・料金

   16日)瓢亭(定員30人)、菊乃井(定員30人)、岡崎つる家(定員50人)、柊家(定員35人)、炭屋(定員30人) すべて3万8千円

   17日)京都ホテルオークラ 2万円

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温8℃

    最低気温4℃

  • 秋田(秋田県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温13℃

    最低気温6℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温16℃

    最低気温10℃

  • 八丈島(東京都)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温19℃

    最低気温14℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温12℃

    最低気温2℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温17℃

    最低気温12℃

  • 松江(島根県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温16℃

    最低気温9℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温17℃

    最低気温11℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温16℃

    最低気温3℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温27℃

    最低気温21℃