test

カジノ大手「シーザーズ」が、日本諮問委員会を設立

2018年1月16日
編集部:謝 谷楓

2018年1月16日(火) 配信


シーザーズ・エンターテイメントが、カジノを含む国内でのIR施設開発を目的とした「日本諮問委員会」を立ち上げた(写真は米国ラスベガスにあるシーザーズパレス)

昨年の先送りとなった「IR(統合型リゾート)実施法案」の国会審議が、1月22日(月)に召集される常会で行われる予定だ。カジノを含むリゾート施設の実現が一歩前進する。参入を狙う外資系エンターテイメント企業の取り組みも加速している。

 シーザーズ・エンターテインメント(マーク・フリッソーラCEO)はこのほど、カジノを含む国内でのIR施設開発を目的とした「日本諮問委員会」を立ち上げた。同社は創業以来、80年に渡り世界でカジノやリゾート施設の経営を担ってきた。経験を生かし、日本の世論や社会背景に適した施設開発を目指す。

 同社はこれまで、大阪府やセガサミーホールディングス、コナミホールディングスなど、国内の団体・企業と協議を続けきた。今回設立した諮問委員会を中心に、日本の文化・慣習に適したエンターテイメント施設の立ち上げと、インバウンド誘致の実現に向け、本格的に着手する。

 2016年、先立って施行されたIR推進法(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律)のもと、国は推進本部の立ち上げや公聴会の開催、パブリックコメントの募集を行ってきた。12月には、募った意見やそれに対する回答を公表。法律案の作成に必要なプロセスが進められてきた。

 IRの核となるカジノ事業は、海外から観光客を呼び込む材料として注目されている。滞在時間の増加や、インバウンドの「夜遊び消費」につながると見る地域も多い。国が専門の管理委員会を設けることで、周辺環境の秩序維持対策を行う。依存症対策についても、検討が行われている。

 未だ賛否両論があるなか、シンガポールなどIR先進国ではインバウンド消費額が大幅に増加するなど成果も表れている。日本では、カジノビジネスとホテル・国際会議場・テーマパークを融合した取り組みで、差別化をはかる構え。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々雪

    曇時々雪

    最高気温-2℃

    最低気温-5℃

  • 秋田(秋田県)

    曇時々雪

    曇時々雪

    最高気温3℃

    最低気温-1℃

  • 金沢(石川県)

    雪のち曇

    雪のち曇

    最高気温5℃

    最低気温1℃

  • 八丈島(東京都)

    曇り

    曇り

    最高気温11℃

    最低気温8℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温5℃

    最低気温-4℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温9℃

    最低気温5℃

  • 松江(島根県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温9℃

    最低気温4℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温11℃

    最低気温6℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温12℃

    最低気温-2℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温24℃

    最低気温19℃