test

震災復興を支援、新会長に桑島氏(知床グランドホテル北こぶし)

小林会長があいさつ
桑島繁行新会長

日旅連総会、熊本で開催

 日本旅行協定旅館連盟(小林喜平太会長)の第55回通常総会が3月2日、熊本市内のホテルで開催された。昨年4月に発生した熊本地震の復興支援として、熊本での総会開催となった。

 任期満了にともなう役員改選では、小林会長の後任に桑島繁行氏(知床グランドホテル北こぶし)を選出。新体制で新年度に臨むことになった。

 小林会長は震災後の日本旅行、日旅連などの支援に感謝を述べ「九州ふっこう割で、少しずつ戻りつつある」と報告。日本旅行の中期経営計画「アクティブ2016」については「4年目の成績として、宿泊券販売が右肩上がりになった」と評価した。

 日本旅行の堀坂明弘社長は、熊本地震について地元出身者としての思いを述べ、「観光による復興が力になる。被災した熊本城も見てほしい」と訴え、「九州域外からお客様に来てもらい、海外には安心安全を伝えることが大事」と強調した。

 新中期経営計画「バリューアップ2020」では「マーケットインの発想を押さえ、強みの創出と事業の価値向上を行う」と説明。4つの柱として(1)お客様の価値実現(2)地方創生(3)社員の価値向上(4)JR西日本をはじめとする株主の価値向上――を挙げ、地方創生推進本部や仕入・誘客推進センターなど社内推進体制を配置。「人材を各自治体、DMOに派遣し、行政と旅連と一緒に地方創生を実現したい」と意欲を示した。

 赤い風船45周年では「次の50年に向けてブランド価値を向上させ、上質な旅、アクティブシニア向け商品など、各施設の素晴らしいところを商品にしたい」と語った。

 新年度事業では、バリューアップ2020とリンクした「宿泊販売」拡大を重点に、(1)地域誘客事業(2)赤い風船WEB商品化(3)赤い風船WEB宿泊商品販売の拡大(4)インバウンド事業⑤災害地域への宿泊販売支援――を推進する。

 このほか、ワークショップの開催、台湾の観光物産博参加、赤い風船45周年企画協力に加え、国内旅行活性化、成長戦略、インバウンドなどの各委員会活動を盛り込んだ。

 総会終了後には、阿蘇市観光協会の稲吉淳一会長(阿蘇プラザホテル社長)が「熊本地震について」を講演。「人生にはまさかの坂が本当にある」と過去の水害、噴火と今回の地震体験から得た教訓を語り、「旅行会社や旅連などの支援が本当にありがたかった」と感謝を述べた。

 新副会長は次の各氏。松岡利幸(ホテル阿寒湖荘)▽吉村譲(萩城三の丸北門屋敷)▽東郷和浩(ゆふいん山水館)▽白石武博(カヌチャベイホテル&ヴィラズ)

いいね・フォローして最新記事をチェック

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇り

    曇り

    最高気温7℃

    最低気温2℃

  • 秋田(秋田県)

    曇り

    曇り

    最高気温13℃

    最低気温5℃

  • 金沢(石川県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温14℃

    最低気温11℃

  • 八丈島(東京都)

    雨

    最高気温17℃

    最低気温15℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温11℃

    最低気温5℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温17℃

    最低気温12℃

  • 松江(島根県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温15℃

    最低気温10℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温17℃

    最低気温12℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温16℃

    最低気温6℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温25℃

    最低気温21℃